福岡ゲイは秋に北から来る
0

    福岡ゲイ時代の言葉は鳥、鳥、黄色の鳥
    スズメのレンジャーの渡り鳥の総称。秋に北から来る。
    福岡ゲイは約18cmの長さで、太いハイパーアイラインが頭の鋭いクラウンウイング、黒い喉に平行で、尾筒全体と尾羽の先端が赤です。丸みを帯びたボディ全体が、ベルベットを思わせる柔らかい茶色です。ヤドリギと黒い実を選びます。

    福岡 ゲイ仲間の見つけ方

     

    すずめを失った3月の明日の明日に崖がありますか
    (塚本邦夫)
    連雀と孤独な松の中
    (大島R太)
    フアンレンジャン、風が聞こえない山の子供
    (中西友紀)
    瞑想するときでも
    (石田明子)

    渡り鳥と渡り鳥は、多くの鳥がいる場合でも、シーズン中に同じ場所に来ます。
    しかし、レンジャンは毎年ではなく、気まぐれにやってくる。 (これらの不規則な動きは、鳥類学用語で「侵入」と呼ばれます。)
    福岡ゲイは今年、人々がここに来るのを待っています。

    posted by: hukuokagay | - | 14:24 | comments(0) | - |